忍者ブログ

生きぬく方法

生きぬく方法。節約、生き方、仕事、教育など。  当サイトはリンクフリーです。

大学生の消費

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

大学生の消費

大学生は消費についてよく考えた方が良いのではなかろうか。

 奨学金という名前のついた実質的な借金をする場合、それを返済しないといけない。国民年金だって学生猶予にしているのではなかろうか。そもそも、その大学学部学科が自分にとってそこまでしていくに値するものかどうかである、この点はよく考えた方が良いのではなかろうか。

 大学生がパーティーをする際も、どこかの店に行く必要があるだろうか。どこかで買ってきてとか各自がつくったものをもってきて大学内でパーティーをできる所ですれば安くすむのではなかろうか。なるべくそうしていたって店に行く機会がいくらかはあって、店を利用する経験ぐらいできるのではなかろうか。

 借金があると、そのことが頭の中にあって何かの場面で自分自身が弱点に感じたり、そこを弱点として人に攻撃されるかもしれない。有意義にお金を使うのは一つの道だが、節約してお金を貯めたり借金を減らすのも一つの道ではなかろうか。

 仮に大学の従業員が奨学金のことを紹介してきても、返済するのは学生で、大学の従業員は客が借金をして自分の店の客になって、大学の従業員自身に仕事ができて金が入ってきているという話である。どこかの店屋の従業員が、「銀行でもどこでもいいから金を借りて店の商品を買ってくれ、借金の返済はあなたがやること、あなたが今後どうなっても私は知らない。」と言うのとたいして変わらないのではなかろうか。
PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

当ブログの著者はなるべく自分で健康を守り、医療をなるべく受けず、検査もなるべく受けず、薬もなるべく使わないことを目指します。医原病の被害を受けたくないです。 (著者は各自の健康に関して責任を負いません。)

また、なるべくブラック企業から買わず優良企業を応援し、なるべく小さな店屋から買うことにより、個人が力を持ち尊重される社会を目指します。

ブログ内検索

フリーエリア

このエントリーをはてなブックマークに追加