忍者ブログ

生きぬく方法

生きぬく方法。節約、生き方、仕事、教育など。  当サイトはリンクフリーです。

進学と風俗嬢

 以下に述べることは必要があれば法律や条例等を改正し、中学・高校で教えるべきであろう。以下に述べることというのをこれから述べていく。

 嫌がらせやセクハラとかそういうつもりはない。読みたくなければここから先を読まないでください。女性の体を金にする内容(風俗嬢など)がでてきます。





 金がない人が進学した時、風俗嬢とかエッチな動画などにでて金を稼ぐ人もいるであろう。
 進学前はそういうつもりがあったなかったはどうであれ、学校に入って現実に直面した時に、そうする人もいるであろう。
 女の体、裸は金になるのだ。
 進学してから現実に直面して金がなく、これからどうするか考えても遅いかもしれない。進路を選ぶ早い段階から現実を考えるべきではなかろうか。
 風俗嬢は病気になるかもしれない。
 風俗嬢ってどんな存在かといえば、恥ずかしいこと、屈辱的なこと、ぞっとすること、涙が出そうになること(実際涙が出るかもしれない)をやってもらう存在といえるかもしれない。客にとっては、風俗嬢が
恥ずかしいこと、屈辱的なこと、ぞっとすること、涙が出そうになること(実際涙が出るかもしれない)をすることが快楽でそれをして楽しむことに意味があるのかもしれない。
 見た目でこの女の子を遊び道具にしたいかどうかを判定されるかもしれない。
 若い方がよいであろう。その意味では18歳から22歳ぐらいの例えば現役合格で留年なしの学部生だったら都合がよいかもしれない。
 エッチな動画にでるといっても、見た目で見る価値があるか判断されるかもしれないし、
恥ずかしいこと、屈辱的なこと、ぞっとすること、涙が出そうになること(実際涙が出るかもしれない)をやっているのを見ることに意味がありそこに価値がつくのかもしれない。
 供給は多いのではなかろうか。インターネットで無料で見ることができるものもあるだろうし、そうなると無料ででもその姿を見てもらえるように選んでもらえるかどうかというレベルの話になってくるだろうし、無料でもいらないとなることもあるかもしれないだろう。
 風俗嬢にしたって、仮に内容が
恥ずかしいこと、屈辱的なこと、ぞっとすること、涙が出そうになることをするなら、そういうことをして遊び道具にして楽しんでくれるよう相手に選んでくださいということかもしれないし、それでもあっちの女の子の方がよいとかこんなの遊ぶに値しないとかと判定されるかもしれない。
 そして、もちろん性犯罪は問題であるが、例えば、チカンの被害に一回あったなんてレベルではなく、女性が知らない人から胸をある時触られたというレベルでもなく、もちろんそれらは問題だが、進学して金がなかった時、例えば大学に進学したとして風俗嬢をする時、四年間その内容をするのかということである。女性が知らない人から胸をある時触られ泣いてしまい仮に自分を汚されたと感じても、もちろん女性が知らない人から胸を触られるのは問題であるが、それは一回なら我慢しろというわけではないが一回だ。しかし、風俗嬢を四年間するなら四年間だ。四年間その生活だ。動画ならその動画と視聴環境がある限り、永遠に見ることができるであろう。
 どう思うかは人それぞれでも、性犯罪被害者が自分を
仮に汚されたと感じるなら、風俗嬢ってそれ以上に汚されていると思う人もいるかもしれない。(あくまでもそう判断する人がいるかもしれないというだけで、この価値観が正しいと主張するわけではありません。)過去及び現在風俗嬢の人はまともな恋愛相手の対象とは見なさないという人もいるかもしれない。

 進学してからでは遅いかもしれない。進路を選ぶ時いきなり考え出しても遅いかもしれない。しかし、早期から考えておくべき重要なことではなかろうか。仮に進学先が四年間なら、
四年間風俗嬢をして恥ずかしいこと、屈辱的なこと、ぞっとすること、涙が出そうになることで遊び道具になるのかもしれないし、別の進路、就職を選べばそれも実家からの就職なら、借金がなくお金がたまり、たとえ幸せとは思わなくてもましな生活になるかもしれない。

 ある年齢未満の学校では風俗嬢とかエッチな動画とかについてあまりあるいは全く学ばないかもしれない。風俗嬢ってどんなことを客にするのか学ばないかもしれない。もし、学校がそのようなあり方なら、そして進学に関わるなら、知らせずに進学させて、
風俗嬢にしたりエッチな動画に出演させるコースへ進む手助けをしていることになるかもしれない。

 学生が風俗嬢をして金を稼ぎ、そこから授業料を支払い、そこから学校従業員が給与を受け取り、学校でやったら性犯罪になることを学校従業員が給与を使い風俗嬢にしているかもしれない。
PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

当ブログの著者はなるべく自分で健康を守り、医療をなるべく受けず、検査もなるべく受けず、薬もなるべく使わないことを目指します。医原病の被害を受けたくないです。 (著者は各自の健康に関して責任を負いません。)

また、なるべくブラック企業から買わず優良企業を応援し、なるべく小さな店屋から買うことにより、個人が力を持ち尊重される社会を目指します。

ブログ内検索

フリーエリア

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加