忍者ブログ

生きぬく方法

生きぬく方法。節約、生き方、仕事、教育など。  当サイトはリンクフリーです。

医者は殺人者、なのかもしれない

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

医者は殺人者、なのかもしれない

著者は各自の健康に関して責任を負いません。当ブログを各自の健康に反映させるさせないなどの問題に各自がどのようにされても、著者は責任を負いません。

 群馬大学病院の手術後の死亡の問題が言われている。

 さて、そもそも、医者は健康の専門家と言えるかという問題がある。医療によって、新たな問題が発生している。(医療ミス、薬害など。)それぞれの場合、医療を受けた方がよいのかどうかという問題がある。

 医療によって死亡している場合もあるであろう。医者って役立っているのか、医者って殺人者であるかもしれない。医者って傷害を与える人であったり、殺人者かもしれない。

 医者が殺人者であるわけないだろうと思う人は、自分が被害にあうまではそう思うかもしれない。しかし、被害にあっている人は、まさか自分があうとはあうまで分からないであろう。あったときに死んでいたら、被害にあったことすら分からないかもしれない。医者ってすごい人だなんて思って被害にあったらばからしい。よく医者の実態を考えた方がよいのではなかろうか。

 みんなが医者ってすごいと思うから、社会的にすごい人になる。自分が医者なんてすごいものでないと思えば、自分にとってはそういう存在になり、そう思う人が社会に一人増える。そう思う人が増えればそれが主流になる。あなたにとって、どういう場合に医者が役立つか、有害か、よく考えるのも一つであろう。
PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

当ブログの著者はなるべく自分で健康を守り、医療をなるべく受けず、検査もなるべく受けず、薬もなるべく使わないことを目指します。医原病の被害を受けたくないです。 (著者は各自の健康に関して責任を負いません。)

また、なるべくブラック企業から買わず優良企業を応援し、なるべく小さな店屋から買うことにより、個人が力を持ち尊重される社会を目指します。

ブログ内検索

フリーエリア

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加