忍者ブログ

生きぬく方法

生きぬく方法。節約、生き方、仕事、教育など。  当サイトはリンクフリーです。

万引きという誤った情報での進路指導後自殺

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

万引きという誤った情報での進路指導後自殺

万引きという間違った情報で進路指導を受けた後自殺した事件が発生したようである。まず、こういう不当な扱いを受けても自殺しないことだ。不当行為でもいじめでも、自分が死んだらおしまいだ。悪いのは相手の方だ。通り魔に殺された場合、これは不当行為である。交通事故で車にひき殺されたって不当行為である。不当行為を受けて自分が死んでしまうのはばからしいが、しかし実際死んでしまっている場合がある。自殺によって自分から死ぬことはない。

 今回の場合だが、かわいそうなケースではあるが、自分は悪くなくても大きな被害を受けることは世の中にはある。たとえ納得できなくても、決して死なないようにすることだ。

 一般論でだが、不当行為を受けた場合、刑事告発できるものは刑事告発したり、民事訴訟や監督官庁、都道府県、消費者庁、弁護士会などもっていけるところにもっていったりするというのも一つの方法だ。相手が悪いのに自分が死ぬことはない。自分が死ぬのはばからしい。上にあげたような機関が対応する場合対応するのだから、社会システムに従って対処するのが一つの選択肢だ。命は大切にしよう。
PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

当ブログの著者はなるべく自分で健康を守り、医療をなるべく受けず、検査もなるべく受けず、薬もなるべく使わないことを目指します。医原病の被害を受けたくないです。 (著者は各自の健康に関して責任を負いません。)

また、なるべくブラック企業から買わず優良企業を応援し、なるべく小さな店屋から買うことにより、個人が力を持ち尊重される社会を目指します。

ブログ内検索

フリーエリア

このエントリーをはてなブックマークに追加